オオミナトのブログ

あなたがどう思っているかよりも他人がどう思っているかが重要です

2021-07-08

おはようございます

大人の男性のための若返り専門家 大湊茂雄です

先日、あるお客様からこんなことを言われました。

「髪の毛まだ伸びてないからそんなに切らなくていいよ!」

このお客様は通常2ヶ月に一回のペースでOminatoに通ってくださるご常連のお客様です。

でも、今回リバースエイジングの3回体験コースを受けているので、毎月1回のペースでOminatoを利用することになったのです。

僕は、お客様からどのくらいのペースで通えばいいの?と質問を受ければ

3週間が理想的、少なくとも4週間に一度は髪を切った方が清潔感は保てます。

と答えております。

人は1週間で約3ミリ髪の毛が伸びます。

1ヶ月だと1.2〜1.5ミリ伸びることになります。

1ヶ月経ったら清潔感は失われてしまうのです。

1ヶ月経ったら周りからのあなたの印象は下がっていくと思ってください。

お客様からGoogleでこんなクチコミをいただきました。

〜ここから〜

月1回程度のカット利用を勧められました。実は自分はこれまでカットは2ヶ月に1回程度でいいと勝手に思っていたものでその頻度でしか通っていなかったのですが、清潔感が保てるのがカット後約1か月程度とお聞きし、それ以降は清潔感から程遠くなるとのことで、他人からの印象を考えた場合月1回程度カットしたほうがいいとのことでした。そういえば最近年を重ねるとともに、他人の目をあまり気にしなくなりつつあった自分を感じていましたもので、これにはさすがに考えさせられました。だんだんと周囲からそういうことが言われなくなっている状況でこういったことを歯に衣着せず言ってくれる存在は有り難いと感じました。

〜ここまで〜

さて、今日のタイトルをもう一度思い出してください。

「あなたがどう思っているかよりも他人がどう思っているかが重要です」

あなたはまだ髪の毛は伸びていないと感じているかもしれませんが、周りの評価では清潔感があるとは思われていない!ということに気づいてほしいのです。

さらに恐しいデータがあります。

男性は「見た目」だけで生涯年収に2700万円もの差がつくというデータです。

これは、労働経済学の権威であるテキサス大学のダニエル・S・ハーメッシュ教授が著書『美貌格差 生まれつき不平等の経済学』(東洋経済新聞社)で明らかにしたデータです。

教授は、この著書で次のように書いています

人の生涯年収は容姿によって大きく左右される

その傾向は男性ほど強く、身だしなみに気をつけている人といない人では、その差額は23万ドル(約2700万円)になる。

身だしなみによって、周りからの印象が変わるだけでなく、生涯年収も変わってくるなんて無視できない話ですよね

かの有名な第35代アメリカ合衆国の大統領ジョン・F・ケネディは、演説やインタビューを受けるときは、毎回髪の毛はもちろんお肌のお手入れをしてから臨んだと言われています。

経営者の多くは、大切な商談の前には必ずエステに行ってお肌の状態を整えてから商談に臨むと聞いています。

こんなことを書くと、

「それはお金があるからできるんでしょ」って言われそうですが、そうではないんです。

勘違いして欲しくなのは、彼らが

大統領だから、
社長だから、
お金があるから

髪の毛やお肌のお手入れをするということではありません。

大統領になる以前から、社長になる前からそういった身だしなみを整える習慣を続けていたからこそ、

大統領になった、社長になったということです。

身だしなみを整えることによって、あなたへの周りが感じる印象も変わりますし、評価も変わってきます。

人とのコミュニケーションがスムーズに取れるよになりますし、女性にモテるようになる可能性だってあります。

身だしなみによって、あなたの人生が変わってしまうほどの影響力があるということをわかって欲しいのです。

いかがでしたでしょうか?

「あなたがどう思っているかよりも他人がどう思っているかが重要です」

それを意識すれば、あなたの人生は必ず好転するでしょう

月に1度、Ominatoで髪を整えるだけで人生が変わります

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


なお、

ブログでは書いていない、身だしなみを整えて人生を変える実践的なお話はメルマガにてお話ししています

興味がある方はぜひメルマガに登録しておいてください


メルマガ登録は無料です↓

大湊茂雄の人生が好転する若返り男塾メルマガ