オオミナトのブログ

リンスとトリートメントの違いって何?結構、これお客様からよく聞かれます(笑)

2021-08-11

福島県喜多方市にあるメンズ理容室美容室Ominato(オオミナト)の

いつまでもキレイでカッコ良く若々しくありたい

イケてる大人の男性のためのメンズ若返り専門家 大湊茂雄です。


「リンスとトリートメントって何が違うの?」

ってお客様に聞かれることが多い質問です。


ドラックストアのシャンプーコーナーに行くと

すごい種類のシャンプーとトリートメントが陳列されています。


シャンプーの後に髪の毛につけるトリートメントですが

下記のように大きく分けて4種類あります。


・リンス

・コンディショナー

・トリートメント

・ヘアマスク


本日は、こちらの4種類の違いについて解説していきたいと思います。

これを読めば、あなたの頭の中のモヤモヤもスッキリとするでしょう!

本日も最後までお付き合いください。


さて、結論から言ってしまえば、

これらの4種類に関して、呼び方(名称)や効果などに定義はないのです。


各メーカーが勝手に分類して呼んでいるだけなのです。

ただし、僕なりに違いというか定義をつけるとすれば


1、リンス

髪の毛の表面をコーティングして手触りを良くするために使われます。


2、コンディショナー

これも基本的には髪の毛の表面をコーティングして手触りを良くします。

また、健康な髪の毛は弱酸性ですが、カラーやパーマをするとアルカリ性に傾きます。

このままにしておくと髪の毛がキシキシと手触りが悪くなりダメージも進行します。

そこでコンディショナーで髪の毛のペーハーを弱酸性に戻す役割を果たします。

まあ、基本的にはリンスと一緒で髪の毛の表面のコーティングをするものと考えて大丈夫です。


3、ヘアマスク

これも名称の通り、髪の毛の表面をコーティングして手触りを良くするものです。


4、トリートメント

こちらは今までの3つと違って、髪の毛の内部補修をしてくれるものです。

カラーやパーマをすると髪の毛の内部のタンパク質が流失してしまって髪の毛がパサパサになる原因となってしまいます。

そこでトリートメントで髪の毛の内部に擬似的なタンパク質を補うことにより表面とパサツキや手触りが回復します


僕も市場調査というか勉強のためにどんなシャンプーやトリートメントが人気があるのか?ドラックストアのシャンプーコーナーには良くいきます。


最近では「髪の毛の集中ケア」と歌って、

トリートメントで内部補修して、コンディショナーやヘアマスクで表面をコーティングして手触りを良くする

という名目でトリートメントとコンディショナー、ヘアマスクの重ね付けを推奨している商品を多々見かけます。


商品の裏にある成分を比較しても同じようなものが入っているのに名称は、トリートメントとコンディショナー、ヘアマスクとなっており違うのです。


僕の主観ですが、

メーカーが単価を上げるために消費者に2種類使わせているだけにしか思いません。

プロから見たらそうとしか思えないのです。


まあ、僕の感想はさておき、

このようにメーカーによって名称は様々で定義がないのが実際のとこです。

重ね付けさせて単価を上げるために呼び方を変えているのかなーって思っちゃいました。


いかがでしたか?

それぞれの違いがわかりましたか?

長くなるので今回は書きませんが、ドラックストアで販売されているシャンプー、トリートメント類はお勧めできません。

シャンプー、トリートメントは毎回髪を切ってもらっている担当の理容師さん、美容師さんに聞いてお勧めを使った方が良いですよ。


本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

なお、

ブログでは書いていない、身だしなみを整えて人生を変える実践的なお話はメルマガにてお話ししています

興味がある方はぜひメルマガに登録しておいてください

メルマガ登録は無料です↓

大湊茂雄の人生が好転する若返り男塾メルマガ

〒966-0847
福島県喜多方市字町田8272-1
Hair Esthe Ominato(ヘアエステ オオミナト)
TEL:0241-24-2532

ご質問お問合せはLINEからお気軽にどうぞ↓
http://line.me/R/ti/p/ClpLcTEjEU